2019年02月19日

Le Coultre 1960's Diamonds Watch

みなさま、こんにちは。

まだまだ寒い日が続きますが、日差しはすっかり春めいておりますね!
楽しみな春の訪れですが、唯一辛いのが花粉症…。
薄々感じる花粉の気配に今日からお茶をミントティーへ切り替えました。
同士のみなさま、今年も何とか乗り越えて参りましょう!

本日ご紹介するのは、華奢なダイヤモンドブレスレットが美しい、ルクルトのアンティークウォッチ。

ルクルト LeCoultre 1960’s メイン
ルクルト/No.D5156/1960's/14KWG/¥480,000

ころんとしたラウンドケースに繊細な仕立てのブレスレットを合わせた、ジュエリーとしても楽しみたい時計です。

ルクルト LeCoultre 1960’s

ルクルト LeCoultre 風防

ダイヤモンドが引き立つシンプルなデザインですが、文字盤に配したドットとバーを組み合わせたインデックスは、立体感に差を持たせて時計に表情を持たせています。
風防もぷっくり立体的なドーム状でクラシカルな雰囲気です。

縁取るダイヤモンドは、12、6時位置がポイントになる大粒の仕立てに。
セッティングはちょっと珍しい3本爪ですが、こうすることで華奢なブレスレットへと途切れなくつながりが出来るように感じます。

ルクルト LeCoultre ブレスレット

ブレスレットも定番のテニスタイプに見えて、実はちょっとしたアレンジが。
ダイヤモンドを留める爪と爪の間に、小さく丸い突起を作って花型のように見せているんです。
爪として作ってしまうと、ダイヤモンドに重なって輝きに干渉してしまうのですが、このお作りならキラキラの輝きはそのままに可愛らしさを添えることができますね。
写真では、上手に写せませんでしたが、実物で見るととっても素敵なんですよ。

シルエットだけ見るとモダンな印象になりそうなデザインですが、さりげなく配されたアンティークらしい作りの要素が時計の印象を、ぐっと特別なものにしています。

ルクルト LeCoultre 装着

身に着けると、気持ちも華やぐアンティークウォッチで春のお出かけをお楽しみください。


by A.I


Instagramはこちらから


お問合せ:TEL03-3289-8989 
11:00−20:00(金・土のみ20:30)
シェルマン バーニーズ ニューヨーク銀座本店1階


ROLEX(ロレックス)OMEGA(オメガ)などアンティークウォッチはホームページからもお求めいただけます

シェルマンオンラインショップはこちらから
posted by shellman BNG at 18:00| Comment(0) | ANOTHER ANTIQUE WATCH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする